日々

インスタグラムに綴るにはなんかあれ

高速バスにて 復路

これほどまでに混むかよというくらいに高速バス内は混んでいる 2列ずつ並んだ席はもちろんのこと 補助席まで出して満席である 乗り込むにも降りるにも時間がかかり せっかちな私にとってはとても息が苦しかった 往路とはまた異なり 隣に座っていたのは私より年齢は下であろう高校生か大学生くらいの女の子だった 表現できる個性や特徴というものも見当たらず 平凡女と心の中で名付けた

「現在当バスは20分の遅れが出ております」というアナウンスが車内に響く しまった このままではバイトに遅刻してしまう 息苦しさを増したバスの空気は もう抵抗の仕様がないほどに私に重くのしかかった いっそのこと目を閉じて 全てを忘れてしまおうと思ったその時に ふと隣の彼女のスマートフォンの画面のGoogle検索欄の文字が目に留まったのであった

「どうしようもない」「切り替え方」

これをみて はじめはバスの遅延によって彼女のこれからのイベント時間がどうしようもなくなってしまったのではないかと予想したが それも虚しく さらに検索履歴は「生きる」「人生とは」「辛い時に…」などと下に続いていたのである これは本当に見たくなかった 見るべきではなかった もう私はその瞬間 息が全くできていなかったと思う 私が平凡女と名付けた一見普通の女の子 会話をするでもないのでその理由など知る由もないが 何か悩んでいるのだな いやもしかしたら悩んでいる なんて単純な言葉では言い表してはいけない程のことがあるのだな

iPhoneは液晶の面よりも丈夫そうな背面のほうが 実は脆くて壊れやすいんだ」と先日パパは教えてくれたけど 本当だね なんでもないような人 強がっているような人にこそ 本当に用心深く対さなくてはならないのかもしれない

高速バスは仙台市内に入り目的地に辿り着く 結局30分遅れて到着したことなんて バイトに遅れてしまうことなんて どうでもよかった というか忘れてしまっていた 私はそそくさとバスを降りた 下を向いて もう彼女の顔すらみなかった みることができなかった 偶然にも高速バスで隣に座っただけの関係 それ以上でもそれ以下でも決してないのだ

高速バスにて 往路

田舎行きの高速バスは自由席で 休日である今日は混み合うことが予想されていた 私は隣の席に知らないおっさんとかが座ってくるのは耐えることができないなと 敢えてグレーのサングラスをかけて 隣に座りづらい雰囲気を出していた それゆえか「隣 いいですか?」と声を掛けてきたのは 両耳に4つずつピアスをした背の高い細身の若い男であった 妥当か しかしこの線は不覚だった まあ一見怖い人ではあったが 彼の手提げに入っていた12個入りの萩の月の箱と スマートフォンについた可愛らしいキーホルダーに きっと優しい人なんだなと思った 高速バスはゆるりゆらりと私たちを運ぶ サービスエリアの喫煙所から戻ってきたその彼は ほろ苦くてバニラのように甘い煙をまとっていて それがアノ人が吸っていたそれの香りと同じだったから ふと切なくなって 私は思わず窓の外の茜色の叢雲を眺めたのである 

お酒について

ヤケ酒って言葉があるじゃあないですか 私にとってそれ 全く訳がわからない話なんですよね 多少の酔いは楽しいのかもしれないけれども 本当はお酒のアルコール分は好きではなくて その香りや口当たりが好きなんです あとは友人や先輩とお酒を交わして語らうことが好きなんです 太宰治坂口安吾もかつて酔って現実を一時的に忘れるための道具として お酒を飲んでいたようだけれどもこれじゃあ詰まらない 違和を感じる 先日初対面の大人とお酒を交わす機会があり その方が熱心にウイスキーについて語るものだから もしかしたら私と同じようにお酒を愉しんでいる人かもしれないと 期待をしてみたのだが 「〜僕は様々な種類のお酒を嗜みますよ ヤケ酒したいときはウイスキーをストレートでゴクリと飲んだりね」とここまで聞いて私は幻滅した いや 幻滅とまで言うと大袈裟かもしれないが 期待した分だけ詰まらない人間だと思ってしまった 社会にでたときにヤケ酒という言葉の意味は分かるようになるのか?とも思った 世の中のお酒が全てノンアルコールになればいいのに

最近のこと

将来が不安です

私には、これがしたい!みたいなやる気はないし、基本消極的です やりたい事を見つけるなんて難しい問題だし、最近はやりたくない事は明白なので、それ以外を選ぼうって、気楽に考えています

 

とりあえず、就活はやりたくない事のひとつなので、しません。

 

私が小学生のときのこと 通学路の道端に置いてあったスチールの缶を何となく 何となく蹴ったら緑と黄色のペンキがタラタラと駐車場のアスファルトの上を伝った それが一面に広がるので 私は慌てて逃げた 不良少女でも何でもない むしろ優等生だった私は 怖くて逃げた いっときの “何となく” がそれ以来の私をとても不安にさせた 後悔が先に立つような世界だったらよかったのに
登校するときは友達と一緒だったからそのアスファルトの上を通るしかなかった 変にルートを変えようなんて言えばこのペンキが私の所為だってバレてしまうんじゃないかって怖かったから 下校はひとりでわざわざ遠回りして 違うアスファルトを踏んで帰った ペンキの少しついたスニーカーはひとりでこっそりとゴシゴシ洗った もちろん簡単には落ちなかったのでわざとグラウンドで汚したりした アスファルトの上の緑と黄色はそんなに簡単に消えるわけもなく 数ヶ月はそのままだった あの時ほど毎日がとても長く感じることはなかったし 私は空の青を見つめた


成人式を終えた私は 久しぶりに小学生来の友人たちとお酒を飲んで フラフラと歩いた そのときふと ひとりが私に言った

「そういえばこのアスファルトに君の零したペンキがあったよね、」

その言葉に他の皆も頷いたり笑ったりして ああなんだ 私はどうしてこんなにも不安だったのだろうと 情けなくなった と同時に大きなため息が口元を緩ませた 私はもう何色でもないアスファルトの空を蹴った

 

今でも私の心は 不安になると緑と黄色に染まっている

ちょっとした親近感というか自意識過剰

「桜、今年は綺麗に咲かないかもしれない。」

 

たとえばこんな戯言を放ったところで、誰も信じやしない。

 

桜は毎年春になると美しく花を開き満面の表情を見せる。桜が美しい事は、万人の共通理解的なところがあるから、昔は “花” という一単語で “桜” を意味したし、現在も「お花見をしよう!」と言えば大抵が桜を見ることであり、それは暗黙の了解的に桜の下に寄って集って美味しいものを食べたり飲んだり、ワイワイと騒がしくするのだ。これに関しては例外をまれに見ない。

当たり前を問いただす事は至極難儀なのである。

 

この当たり前に全てを委ねずに、桜が美しいことを不安に感じた梶井基次郎とかいう男については、ちょいと独特であると評されてしまうだろうな。

しかし、少しこの男の言い分に耳を傾けてみようではないか。なーんにも変わっちゃあいない。これが日本人の真理である。幸せなことが続けば、どうも次は不幸が降りかかるんじゃあないか?ルーレットで赤が続けば、次は黒が出るんじゃあないか?

“桜が美しすぎれば、その樹の下には屍体が眠っているんじゃあないか?”

あまりにも彼は慎重で、日本人らしすぎたなぁと思う。

 

彼に親近感を抱いたというか、何というか、私は毎年、桜が少し恋したようなあの姿を見せる前に考えてしまうことがあって、それは

今年の桜は美しく花開かせるのであろうか

と言うことだ。

アノ美しさに保証は無いのだから。毎年、花開かずして皆が、今年の花見の計画をたてていることに不思議でしょうがないのだ。あゝ心配だよ私は。

 

 

結局毎年桜は美しく私の“上”をゆく。

 

 

 

桜の樹の下には梶井基次郎

 

感謝以外の何でもない

 

“ほんとうのことは、ほんとうすぎるから、私はきらいだ。”

 

 

 

 

別れはとてもつらく寂しい。

こんなにつらく寂しい思いはしたくない。これから先にこの人と私は別れてしまうのだと、この事実を敢えて考えないように、涙が零れ落ちないように、私は平然を装う努力をする。

心がくしゃくしゃになる。

 

だからといって、この人と出会わなければ良かった、などとは微塵も思えないのが人間のサガってやつだ。

 

端的にいってしまえば、この世界の全ての事柄に関して、収束するところは同じなのだ。始まりがあって、終わりがある。

 

 

以前、私が「どうせいつか別れるのに男女はどうして付き合うのだろう」とぼやいた時に、友人が放った言葉が忘れられない。

「どうせ死ぬのになぜ生きるのかという命題に似てる」

 

私たちはどうせ死ぬ。先祖代々それを学んできて、それでも私たちは生きるのだ。一生懸命に働いて遊んで、食べて飲んで寝て、誰かを好きになったり、誰かと喧嘩をしたり、誰かと大笑いしたりと、何十年とこれを繰り返す。

どうせ死ぬ私たちは、死ぬまでにこれほどまでにも生きるのだ。

 

のちにつらく寂しい思いをするいつものアレだと分かっていても、私はそれを愛し、やめることはない。

 

 

だから今私は、この別れを誇りに思うのです。

 

卒業おめでとうございます。

 

f:id:gifrogs:20170321143522j:image