日々

インスタグラムに綴るにはなんかあれ

白いマーガレット


私の気に入っているバーのカウンターテーブルには その時々に生き生きとした花が洒落た花瓶に生けられていて つい先日サングリアを飲みに行った時は白いマーガレットがあった.隣に座っていたスーツの男が「マーガレットの花言葉は優しさなんだよ」と静かな店内で声を上げていたが あまりにも軽率だったもので思わずプッと笑ってしまった.優しさってなんだよ 広範囲すぎだろ.

マーガレットの花言葉は真実の愛 花占いで用いられるのはこういう意味.それくらい小学生でもわかる.呆れてグラスに残っていたサングリアを一気に飲み干す.

 


花占いね

私は昔から花占いというものが苦手だ.すき きらい すき そんなこと花びらを数えなくとも 好きなものは好きだし 嫌いなものは嫌い.こうやって幻想を抱かないつまらない人間であるから こうもひとりでバーにひとり酒を飲みに来るのかもしれない.

 


まあ時間も余裕があるし 精神的にも余裕がある夜だった テーブルの上にある純真な色のマーガレットを さすがに花びらを散らしていくのは不躾なので指で数えることにした.

 


きらい・すき・きらい・すき・きらい...どうも”きらい”から始めてしまう卑屈な本能に自分でも呆れる.きらい・すき...そして最後には一枚 すきの花びらが残る.すき.ふぅんとアルコールの混じったぬるいため息をつく.もうひとつ もうひとつと別のマーガレットを数えてみても 最後にはすきの花びらが残るのだ.なんとも不思議な夜だ.幻想を抱かない私でも きっと何かを すき なのかもしれない.得体の知れない感覚が気管を熱くする.

 


追加で頼んだウイスキーを口に含んでいるうちに だんだんとこのマーガレットに腹が立ってっきた.なんだよ真実の愛って.真実なんて晒すべきではないんだ.とここで三島由紀夫を思い出す.

 

 

 

どんなに醜悪であろうと,自分の真実の姿を告白して,それによって真実の姿をみとめてもらい,あわよくば真実の姿のままで愛してもらおうなどと考えるのは,甘い考えで,人生をなめかかった考えです.

 


これは三島由紀夫の不道徳教育論という本の中の一節で 大学一年生の時にこの文章をひどく憎んだことを私は今でも忘れられない.これを読んだ日の夜 人間は嘘偽りの中で ひたすらもがきながら生きていかねばならないと悟った.悲しいけれども この考えが間違っていると言い放つことができなかったし言い放つ気力さえ湧かなかった.

 

晒すべきではない真実の愛

それでも私は1mmくらいこの甘い考えをもって生きている

ディセンバー

帰路 今晩は大した飲み会じゃなかった タクシーに乗りたい気持ちを抑えてひとり 足を前へ動かす 厚手のコートのポケットからココアシガレットを一本取り出して咥える ぽりぽりと噛み砕いて深くため息をつけば 白い吐息がタバコの煙のように寒空をのぼるので なんだか少しだけ大人になれた気がした

高速バスにて おばさん

高速バス出発時刻のギリギリになってしまった 慌ててスーツケースをバスのトランクに仕舞い指定していた9C席に飛び乗ろうとすると 運転手さんは困った顔をして私に言うのだ 「すみませんが10Cの席に移動していただけますか?ちょっとうるさいお客様がいましてねぇ」どうやら3列シートのバスのなかで10列目のC席だけが後尾にあるトイレの横に突き出す形であって それが気に食わないと騒ぎ立てた人がいたようだ 大したこだわりがあるわけでもない私は構いませんよと笑顔で会釈し 10C席に深々と座った バスは私の所為で3分だけ遅れて発車した 本日はご乗車ありがとうございますというアナウンスが流れる しばらくして9C席のおばさんはそわそわと振り返り私に向かって言うのだ 「あの あなた元々そちらの席の方ではないですよね?」「 はい 席を交換する旨を運転手さんから伺いましたよ」 するとおばさんは目を細めて言うのだ 「私後ろに誰もいない席がよかったのに あなた別の席に移動してくれない?」 私は大層に驚いた これほどまでに都合がいい人間が世の中にいてたまるのか 10C席は最後列ではあるが横にトイレがあるために座りたくないと駄々をこね 9C席に座ると今度は後ろに人がいることが不快だと駄々をこねる 私にバス中央列である9B席に移動しろと言うのだ ちょっとうるさいお客様どころの話ではない 

 

世の中には様々な人がいる そんな中で私はこれから上手に受け入れて/受け流して生きていかなくてはならない そう改めて思った瞬間であった


このあとピシャリと言い放った私の一言でおばさんは結局静かに9C席で不愉快でありながらも申し訳なさそうな顔でスマホをいじっている

 


「ここはあなただけの社会ではないので」

高速バスにて 復路

これほどまでに混むかよというくらいに高速バス内は混んでいる 2列ずつ並んだ席はもちろんのこと 補助席まで出して満席である 乗り込むにも降りるにも時間がかかり せっかちな私にとってはとても息が苦しかった 往路とはまた異なり 隣に座っていたのは私より年齢は下であろう高校生か大学生くらいの女の子だった 表現できる個性や特徴というものも見当たらず 平凡女と心の中で名付けた

「現在当バスは20分の遅れが出ております」というアナウンスが車内に響く しまった このままではバイトに遅刻してしまう 息苦しさを増したバスの空気は もう抵抗の仕様がないほどに私に重くのしかかった いっそのこと目を閉じて 全てを忘れてしまおうと思ったその時に ふと隣の彼女のスマートフォンの画面のGoogle検索欄の文字が目に留まったのであった

「どうしようもない」「切り替え方」

これをみて はじめはバスの遅延によって彼女のこれからのイベント時間がどうしようもなくなってしまったのではないかと予想したが それも虚しく さらに検索履歴は「生きる」「人生とは」「辛い時に…」などと下に続いていたのである これは本当に見たくなかった 見るべきではなかった もう私はその瞬間 息が全くできていなかったと思う 私が平凡女と名付けた一見普通の女の子 会話をするでもないのでその理由など知る由もないが 何か悩んでいるのだな いやもしかしたら悩んでいる なんて単純な言葉では言い表してはいけない程のことがあるのだな

iPhoneは液晶の面よりも丈夫そうな背面のほうが 実は脆くて壊れやすいんだ」と先日パパは教えてくれたけど 本当だね なんでもないような人 強がっているような人にこそ 本当に用心深く対さなくてはならないのかもしれない

高速バスは仙台市内に入り目的地に辿り着く 結局30分遅れて到着したことなんて バイトに遅れてしまうことなんて どうでもよかった というか忘れてしまっていた 私はそそくさとバスを降りた 下を向いて もう彼女の顔すらみなかった みることができなかった 偶然にも高速バスで隣に座っただけの関係 それ以上でもそれ以下でも決してないのだ

高速バスにて 往路

田舎行きの高速バスは自由席で 休日である今日は混み合うことが予想されていた 私は隣の席に知らないおっさんとかが座ってくるのは耐えることができないなと 敢えてグレーのサングラスをかけて 隣に座りづらい雰囲気を出していた それゆえか「隣 いいですか?」と声を掛けてきたのは 両耳に4つずつピアスをした背の高い細身の若い男であった 妥当か しかしこの線は不覚だった まあ一見怖い人ではあったが 彼の手提げに入っていた12個入りの萩の月の箱と スマートフォンについた可愛らしいキーホルダーに きっと優しい人なんだなと思った 高速バスはゆるりゆらりと私たちを運ぶ サービスエリアの喫煙所から戻ってきたその彼は ほろ苦くてバニラのように甘い煙をまとっていて それがアノ人が吸っていたそれの香りと同じだったから ふと切なくなって 私は思わず窓の外の茜色の叢雲を眺めたのである 

お酒について

ヤケ酒って言葉があるじゃあないですか 私にとってそれ 全く訳がわからない話なんですよね 多少の酔いは楽しいのかもしれないけれども 本当はお酒のアルコール分は好きではなくて その香りや口当たりが好きなんです あとは友人や先輩とお酒を交わして語らうことが好きなんです 太宰治坂口安吾もかつて酔って現実を一時的に忘れるための道具として お酒を飲んでいたようだけれどもこれじゃあ詰まらない 違和を感じる 先日初対面の大人とお酒を交わす機会があり その方が熱心にウイスキーについて語るものだから もしかしたら私と同じようにお酒を愉しんでいる人かもしれないと 期待をしてみたのだが 「〜僕は様々な種類のお酒を嗜みますよ ヤケ酒したいときはウイスキーをストレートでゴクリと飲んだりね」とここまで聞いて私は幻滅した いや 幻滅とまで言うと大袈裟かもしれないが 期待した分だけ詰まらない人間だと思ってしまった 社会にでたときにヤケ酒という言葉の意味は分かるようになるのか?とも思った 世の中のお酒が全てノンアルコールになればいいのに